渋谷会合同会社

宅建通信講座案内
2019年版 宅建基幹講座全分野セット(権利関係編・宅建業法編・法令上の制限編)

講座紹介
2019宅建基幹講座 権利関係編


2019宅建基幹講座 宅建業法編


2019宅建基幹講座 法令上の制限編

対象
宅建全分野の基本を徹底的に学習したい者
・全分野を体系的に理解した上で、基本事項を正確にしたい者
・インプット学習でアドバンテージを取りたい者
本講座のねらい
インプット学習でアドバンテージを取る
1.合格に必要となる基本部分を明確に区分する
2.その基本部分を基礎から丁寧に体系的に理解する
3.暗記すべき項目を明確にする
本講座は、基本事項の理解・知識のインプット学習をするための講座です。
本講座の特徴

1.佐伯竜講師の明快でわかりやすい講義/板書

渋谷会の宅建基幹講座は、基本部分を究めるに最適な講座です。
本講義では、随時板書を書きつつ進行します。流れをとらえながら、体系的な理解を深めることを可能にしています。事案を理解し、基本事項をビジュアル的にわかりやすく捉えてもらいます。
特に大切な暗記項目は佐伯講師独自の【板書】にまとめ、本試験で基本部分の取りこぼしをなくす最強のツールを作り上げます。この板書学習が本試験では大きなアドバンテージとなります。
佐伯講師独自の講義スタイルによる、徹底的な「基本の見える化」は、圧倒的なわかりやすさで全国の受講生に支持されています。

2.基本事項を徹底的に鍛える/ムダのないPDFテキスト

PDFテキストは、「WEBストリーミング用ページ」から受講生各自でダウンロードしていただきます。

本講座は、基本事項に絞った学習範囲で、徹底的に権利関係・宅建業法・法令上の制限の基礎力を養います。
本テキストでは、流れの理解を阻害するイラストなどは記載していません。
そのかわりコンパクトにまとめてあります。
徹底的に本試験問題を分析し余分な事項を省いたテキストを使うことで、必然的に基本論点重視の学習ができます。
常時、板書を書きながら学習していくため、PDFテキストに書き込むスペースを存分にとっています。
本テキストは、ノートとしての機能を備えています。受講生自身で書き込むことによって、合格のために最適化されたツールを制作することができます。
佐伯講師のシンプルで正確な解き方を、本テキストに書き込むことで、頭の中をスッキリと整理し、明快に問題を解く力を養います。

なお、講義中に講師が書いた板書については、講師の意向によりPDF化していません。
「講義中に受講生自ら板書を書くことで、基本事項を明確にし、正確な解き方の習得を可能にします。(佐伯)」

宅建基幹講座 PDFテキストについて


渋谷会ではPDF打ち出しサービスは行っておりません。自宅・勤務先等のパソコン・プリンターにて打ち出してください。その他、大手コンビニエンス・ストアのマルチコピー機でもPDF打ち出しが可能です。DVDから直接、マルチコピー機で打ち出してください。


セブンイレブンー普通紙プリント
ローソンーPDFプリント
ファミリーマートーPDFプリント
サークルKサンクスーPDFプリント

※コンビニエンス・ストア等が近くにない場合などは、キンコーズ等をご利用ください。
キンコーズ

3.視聴期限

本講座の[WEBストリーミング配信期限]は、【来年2020年宅建試験当日 13:00】までです。
したがって、本講座(2019年版)を2020年度も視聴することができます。

もし、本年度の試験に不合格だった場合の保険として、渋谷会の講座は、原則として翌年度も使用することが可能です。
ですから、何らかの事情で今年合格できなかったとしても、本講座を使って来年度再挑戦してください。
※2020年度版の新規講座を受講できるわけではありません。

4.音声ダウンロード

音声ファイル(MP3)を各自のパソコン等にダウンロードすることが可能です。
通勤時間などに講座の音声を聞いて、スキマ時間を有効活用してください。
基本知識の定着に効果を発揮します。

5.保坂先生の質疑応答(全講座共通)



本講座の受講生は、講義を受講して疑問点がある場合、受講生専用の「講義質問フォーム」から、質問することができます。
いただいた質問は、すべて質問対応担当である、保坂つとむ先生が、明快にお答えいたします。
質問は、受講講座の範囲内の法律事項に限り、1講座お申込みにつき、1人3回までとさせていただきます。

例えば、2019宅建基幹講座・権利関係編は、3回まで。
2019宅建基幹講座・全分野セットならば、各編それぞれ3回、計9回まで。

なお、基本的に、いただいた質問は、個人名を伏せた上で「保坂先生の質疑応答集」で一般公開させていただきます。

質問する際は、必ず、各自の会員向けサイトの左側にある「講義質問フォーム」から送信してください。
事務局宛にメールされても、保坂先生には届きません。
また、「講義質問フォーム」の要項は、必ず守ってください。
「要項を守っていない質問」、「受講講座の範囲外の質問」については、回答いたしかねます。
※ 9月以降の質問については、本試験までに回答できないことがあります
※ 本講座の質問の提出は、2019年9月30日23:59までです
※ 保坂先生以外の収録担当講師に、質問することはできません
【保坂つとむ 先生 プロフィール】
たっけんコム代表取締役(たっけんコム WEBサイト)
大手予備校で講師歴30年の大ベテラン。予備校では、担当しているクラスが、合格率の全国第1位を何度も獲得する。
宅建士受験界にはびこる「アウトプット(過去問)至上主義」や「ゴロ合わせ中心の受験指導」に以前から疑問をもっており、インプットの意義&インプットとアウトプットのバランス…の重要性を説く。
そのため、受講者にきちんと理解させることを重視した講義を展開する佐伯氏に共感し、この業務を快諾する。
現在も、大手予備校での講義のほか、宅建受験生向けコンテンツ“50日でうかる宅建士”の制作や、有料メルマガ“保坂つとむの「宅建」合格塾 〜プレミアムバージョン〜”の発行など、多方面で活躍中。

6.補講制度(全講座共通)

講座内でお伝えしきれなかった学習方法や改正点などを、不定期に、すべての受講生向けに補講として配信します。 単なる通信教材ではなく、すべての渋谷会受講生に生きた動画講義をお届けします。
カリキュラム

2019年版 宅建基幹講座 全分野セット

【権利関係編】
全34回 25時間程度予定

はじめに
第1回契約の成立
第2回意思表示1(詐欺・強迫)
第3回意思表示2(心裡留保・虚偽表示)
第4回意思表示3(錯誤)
第5回制限行為能力者
第6回代理1(基本事項)
第7回代理2(無権代理)
第8回時効・条件及び期限
第9回債務不履行1(基本事項)
第10回債務不履行2(解除)
第11回手付解除・危険負担
第12回弁済
第13回売主の担保責任1(権利の瑕疵)
第14回売主の担保責任2(瑕疵担保責任・品確法)
第15回相続
第16回物権変動1(対抗力)
第17回物権変動2(基本類型)
第18回不動産登記法
第19回抵当権1(基本事項)
第20回抵当権2(法定地上権・一括競売)
第21回抵当権3(抵当権と賃借権等)
第22回根抵当権・留置権・先取特権・質権
第23回保証・連帯保証
第24回連帯債務
第25回共有
第26回建物区分所有法
第27回賃貸借
第28回借地借家法(借地)1(更新・対抗力等)
第29回借地借家法(借地)2(定期借地権等)
第30回借地借家法(借家)1(更新・対抗力等)
第31回借地借家法(借家)2(定期建物賃貸借等)
第32回不法行為
第33回請負・委任
第34回債権譲渡・相殺、相隣関係・同時履行


2019年版 宅建基幹講座 宅建業法編
全22回 20時間程度予定

はじめに
第1回用語の定義
第2回免許の基準
第3回事務所・従業者証明書
第4回免許の申請・免許換え・免許の効力
第5回変更の届出・廃業等の届出
第6回宅地建物取引士・登録の基準
第7回宅地建物取引士の登録・宅地建物取引士証
第8回事務所以外の場所の規制
第9回営業保証金
第10回保証協会
第11回媒介契約
第12回広告の規制等
第13回重要事項の説明
第14回37条書面
第15回その他業務上の規制・自ら売主制限(8種制限)
第16回クーリング・オフ
第17回手付金の額・性質の制限・損害賠償額の制限等
第18回手付金等の保全措置
第19回瑕疵担保責任についての特約の制限等
第20回特定住宅瑕疵担保履行法
第21回報酬額の制限
第22回監督処分・罰則


2019年版 宅建基幹講座 法令上の制限編
全15回 20時間程度予定

はじめに
第1回都市計画法1(定義・内容)
第2回都市計画法2(開発許可)
第3回都市計画法3(建築制限等)
第4回建築基準法1(建築確認)
第5回建築基準法2(用途規制・容積率・建蔽率)
第6回建築基準法3(高さ制限・防火・準防火地域)
第7回国土利用計画法
第8回農地法
第9回土地区画整理法
第10回宅地造成等規制法・その他の法令
第11回不動産鑑定評価基準
第12回地価公示法
第13回印紙税・登録免許税
第14回不動産取得税・固定資産税・所得税(譲渡所得)
第15回5問免除対象科目
「統計」は収録しておりません。9月頃、YouTubeで公開いたします。
【宅建動画の渋谷会】佐伯竜
講義の特性上、インプット学習において、合格するに重要なポイントを取り上げて講義します。
WEBストリーミング詳細
必ず、下記の推奨対応環境一覧をご確認ください。
また、必ずご自身の受信環境で、下記サンプルが再生可能であることをご確認の上、お申込みください。



WEBストリーミング配信
PC、スマホ、タブレットなどインターネットにアクセスできる端末で受講することが可能です。
通信環境に応じて、動画の大きさを3タイプ(+音声ストリーミング)から任意に選べます。
※動画の視聴には受講生のインターネット環境に応じて通信料がかかります。ご注意ください。
なるべく小さいサイズの動画を視聴されることをおすすめいたします。

動画が再生できないとき
Javascriptをオンにしてください。スマホなどでは広告対策などでオフにしている時がございます。

スマホ向け とにかく軽快に視聴することが可能です。通信量を抑えたい方におすすめ。 動画サンプル
タブレット・
ノートPC向け
(スタンダード)
様々な端末で視聴が可能です。「スマホ向け」よりもきれいな画で視聴できますが、容量は2倍ほど。 動画サンプル
PC大画面向け 小さい字が読めないなど、大画面で見る必要がある場合のみ、ご利用ください。端末の性能によって、動作が重たくなります。 動画サンプル
音声ストリーミング 電車で移動中や寝る前など音声講義のみ、ご利用したい方向け。通信量を抑えることが可能です。 音声サンプル

推奨対応環境一覧
  WindowsOS
PC
MacOS
PC
スマートフォン
タブレット
OSのバージョン Windows7
Windows8
Windows8.1
Windows10
Mac OS X iOS
AndroidOS4.0以上
対応ブラウザ Firefox最新版
Google Chrome最新版
Microsoft Edge最新版
Safari6.0以上
Chrome最新版
iOS
Safari最新版
Google Chrome最新版

Android
Androidブラウザ最新版
Google Chrome最新版
担当講師あいさつ 佐伯竜(さえきりゅう)
本講座では、宅建全分野の基本事項について徹底的に詳説しました。 わかりやすく伝えるために、権利関係編では事案の流れを押さえつつ、より丁寧に掘り下げて説明しています。講義では、常に板書を書きながらビジュアル的に、明快に整理していきます。
宅建業法編では、満点を取るために細大漏らさず講義しています。また、問題を解くことを視野に入れ、使いやすい形で知識を整理しています。
法令上の制限編では、頻出の知識事項を中心に理解を深める講義をしています。また、処理型の問題を念頭に置いて、解くときのポイントも合わせて、板書にまとめています。

本講座では、基本事項について徹底的に詳説します。
わかりやすく伝えるために、権利関係では事案の流れを押さえつつ、より丁寧に掘り下げて説明しています。
講義では、常に板書を書きながらビジュアル的に整理していきます。

すべての講義を通じて、最終的に覚えるべき項目を明示しますので、基幹講座受講後は必ず徹底的な暗記を行ってください。
とくに☆印を付けた板書については、いつでも再現できるように訓練しておいてください。
本講座で扱った基本事項だけで本試験の合格ラインは優に超えます。
「基本事項」の「体系的理解」「暗記」を習得しましょう。
本試験会場では、権利関係が理解して解けるようになります。

最後に、宅建学習について一本講義動画を紹介しておきます。
1時間を越える講義ですが、宅建学習の本質をとらえておくことは今後の学習の指針となります。
渋谷会の宅建講義はこの指針に沿って制作しております。
時間のあるときにでもご視聴ください。

【2019年度スタート号】H30宅建本試験問題検討


全国の受講生の合格を祈念しております。
担当講師 佐伯
今後のスケジュール
未定

講座の詳細・価格は未定です。
決定次第、WEBサイトで公表します。
公表前に、講座の詳細・価格についてお答えすることはできません。
なお、開講予定については、変更・中止する可能性があります。
お申込みの流れ
「銀行振込」か「クレジットカード決済」をお選びください。

1.銀行振込


現在、銀行振込の場合、お申込みから受講開始まで1〜7営業日いただいております。早めのお手続きをおすすめいたします。

お申込み受付け後、渋谷会事務局より「申込受付メール」を送信します。
営業時間外に申し込まれた場合、「申込受付メール」の送信は、翌営業日となります。
渋谷会事務局(office@shibuyakai.com)からのメールを受信できるように、メールの設定をご確認ください。
「申込受付メール」が受け取れないケースが増えています。とくに携帯電話のメールアドレスで申し込まれる方は、ご注意ください。
“@docomo.ne.jp” のアカウントは、多くの場合ご利用になれません。他のメールアドレスをご使用願います。

原則として、5日以内にメール記載の銀行口座へ「銀行振込」をお願いします。
振込手数料はお客様のご負担となります。銀行振込の明細書をもって領収証に代えさせていただきます。

「銀行振込」を確認しましたら、アカウントを設定後、「ID・パスワードを発行」いたします。
現在、アカウントの設定、「ID・パスワードの発行」に、一両日いただいております。
営業時間外の振込みの場合、「ID・パスワードの発行」は翌営業日となります。

なお、翌営業日の朝9時に振込確認をした場合でも、「ID・パスワードの発行」はその日の夕方となることがあります。
「ID・パスワードの発行」は、渋谷会事務局(office@shibuyakai.com)からメールにて送信します。受講生が任意のID、パスワードに設定することはできません。

ストリーミング配信について不正アクセスと認められる行為があった場合、直ちにアカウントの利用を停止させていただきます。
アカウントの譲渡・貸与等は禁止させていただきます。お申込者本人による利用に限らせていただきます。

2.クレジットカード決済


現在、クレジットカード決済の場合、お申込みから受講開始まで1〜3営業日いただいております。早めのお手続きをおすすめいたします。

クレジットカード決済は、株式会社ゼウスに業務委託しています。渋谷会がお客様のクレジットカード情報を取り扱うことはございません。


お申込み受付け後、渋谷会事務局より「申込受付メール」を送信します。
営業時間外に申し込まれた場合、「申込受付メール」の送信は、翌営業日となります。
渋谷会事務局(office@shibuyakai.com)からのメールを受信できるように、メールの設定をご確認ください。
「申込受付メール」が受け取れないケースが増えています。とくに携帯電話のメールアドレスで申し込まれる方は、ご注意ください。
“@docomo.ne.jp” のアカウントは、多くの場合ご利用になれません。他のメールアドレスをご使用願います。

別途、株式会社ゼウスより「お支払い手続きご案内メール」が送信されます。
株式会社ゼウス(mailinfo@cardservice.co.jp)からのメールを受信できるように、メールの設定をご確認ください。
指定の期限までに決済ページ(株式会社ゼウス)へアクセスしていただき、お申込内容をご確認の上、「クレジットカード決済」を行ってください。
クレジットカード会社が発行する明細書をもって領収証に代えさせていただきます。詳細は、お客様が契約されているクレジットカード会社にお問い合わせください。

「クレジットカード決済」を確認しましたら、アカウントを設定後、「ID・パスワードを発行」いたします。
現在、アカウントの設定、「ID・パスワードの発行」に、一両日いただいております。
営業時間外の決済の場合、「ID・パスワードの発行」は翌営業日となります。

なお、翌営業日の午前中にクレジットカード決済を確認した場合でも、「ID・パスワードの発行」はその日の夕方となることがあります。
「ID・パスワードの発行」は、渋谷会事務局(office@shibuyakai.com)からメールにて送信します。受講生が任意のID、パスワードに設定することはできません。

ストリーミング配信について不正アクセスと認められる行為があった場合、直ちにアカウントの利用を停止させていただきます。
アカウントの譲渡・貸与等は禁止させていただきます。お申込者本人による利用に限らせていただきます。

価格
2019年版 宅建基幹講座 全分野セット(権利関係編・宅建業法編・法令上の制限編)
WEBストリーミング配信 一般価格:¥65,000- (税抜)
DVD教材の通信販売はございません
発送物
発送物はございません。
WEBストリーミング配信予定
【権利関係編】
第1回〜第34回:配信中

【宅建業法編】
第1回〜第22回:配信中

【法令上の制限編】
第1回〜15回:配信中
本講座の[WEBストリーミング配信期限]は、【来年2020年宅建試験当日 13:00】までです。
本講座を2020年度も視聴できます。2020年度版の新規講座を受講できるわけではありません。

ストリーミング配信について不正アクセスと認められる行為があった場合、直ちにアカウントの利用を停止させていただきます。
アカウントの譲渡・貸与等は禁止させていただきます。お申込者本人による利用に限らせていただきます。





®copyright 2018 渋谷会合同会社 佐伯竜 All Rights Reserved.